読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よもやまの壺

ゲームなどの雑多なお話

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ

ゲーム

ドラクエしてる感がすごい

かるーいゲームの説明とストーリーの各章について、あれこれ書いてみました。

ネタバレはなるべくしないように…(むしろ既プレイの方向けの内容なのかも)

フリービルドモード(自由に建築などを楽しむ世界)はあまりやっていません。

とにかくストーリーモードがよかった!あと音楽がやはり懐かしく響きました!

 

ストーリーモード

冒険の舞台はアレフガルド(ドラゴンクエストⅠの世界)

ゲームの大きな流れは、町を復興→ボスを倒す→次の町へ といった感じです

住人を集める、アイテムや装備を作る、あちこち冒険して情報を集める、

モンスターと戦う、素材を集めるなどなど、

ドラクエサンドボックス系ゲームがうまく融合した感じです。

 

レベルの概念はなく、HPは宝箱やNPCから貰える命の木の実で増加、

装備は武器・防具・装飾品の三種類

武器防具ははがねの剣や鉄の鎧、装飾品は移動速度アップの星降る腕輪など

いつものドラクエアイテムとなっています。

※武器・防具は装備すると強さだけでなく、見た目も変化します!

 

死亡した場合のペナルティは、

持ち物の半分をその場に落として町からと、とても優しい作り。

死亡地点に戻れば回収は簡単

死亡ドロップしたアイテムや未回収アイテムの記憶上限はかなり多く、

意図的に山を解体するなど、変な事をしない限り消えません!

 

全四章で各章は独立しており、行ったり来たりはできない

一章クリア後は旅の扉を使って二章の世界へ。

※クリア後も旅の扉に入らなければそのまま留まる事はできる

レシピやアイテム集めた、装備、HPなど全て次章に引き継ぐ事はできない

※各章ゼロからスタートです!

 

一章 メルキド

初代ドラゴンクエストでも印象的な町メルキド

鉄壁の守りを誇る要塞都市、町全体が厚い壁で囲われており

さらに町の入口には門番としてゴーレムがそびえ立つ

(初代ドラクエのゴーレムは人間に造られた善なる存在だったはず)

初代未プレイでもドラクエモンスターズでゴーレムが守る町として、

記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。

 

今作では既に滅亡しており、メルキドを復興させることが最初の目的となります。

ボスはやはりあのモンスター!

ですが、未だかつてないくらい動き回ります、私の知ってる○○○○と違う!笑

 

最初の町でもあり、登場するNPCの魅力もあって、人気のある章です。

(雰囲気は一番ドラクエらしさが出てる気がします)

中には先に進めたくなくて、メルキドに留まってしまう人もいるとか…笑

 

二章 リムルダール

正直リムルダールって何だっけ?状態だったので少し調べてみました。

リムルダールファンの方…申し訳ありません。

ふむふむ、魔法の鍵が売ってる店…ああ、なるほど、あの町ね!

 

今作ではこの地方は毒の沼地に浸食され、病気が蔓延しています。

メルキドの緑豊かな世界から、一変して毒々しい世界に…

この毒の沼というのは、リムルダールの近くに毒の沼地に囲まれた洞窟

(ドラゴンとローラ姫がいたあの洞窟)が元ネタなんでしょうか。

 

ドラクエにしてはかなりえぐいホラー要素が…くさった死体って、あ…

シスターのけなげさ(と可愛さ)が最初から最後まで救いです!

 

ボスは初代ドラクエのモンスターではなく、ドラクエⅢから出張

と思ったけど、よく考えたらアレフガルドのモンスターでした。

個人的に一番苦戦したボスです…なんとか勝利するも町はボロボロに…笑

 

三章 マイラ

温泉の町マイラ、ぱふぱふ娘さんで有名なあの町ですね!

それ以外は忘れました…笑 (妖精の笛があったかな)

 

今作ではあらくれの住む町(アジト)、ほぼ滅びかけですが。

町とともに温泉も復活させられます!あらくれ達の貴重な入浴シーンが!

序盤のあらくれ達のコミカルなキャラクター

中盤以降のシリアスなストーリーのギャップが魅力ですね!

 

あらくれと温泉は二章で疲れた心を癒してくれます。

個人的には一番好きな章!おかしら…好きだあ…

 

ドラクエでは珍しく機械が出てきますドラクエのファンタジーな世界観としては

賛否の別れるところでしょうか。

キラーマシンやからくり兵などナンバリング作品でも、それっぽいものはありましたが今作の機械はまたちょっと毛色が違います。

また、なんとなくですが魔弾銃や氷炎将軍などのダイの大冒険を彷彿させる

アイテムやモンスターが登場します。

 

ボスは、氷と炎が合わさり最強に見える!

前述の機械をうまく使いこなすことが勝利への近道!試運転大事ですね!笑

 

四章 ラダトーム

はじまりの城ラダトーム…これ以上の言葉は入りませんね!

今作ではこの地方は大地が呪われています

灰色の大地に赤い水、そして荒廃したラダトームの城跡…

見ただけでりゅうおうの恐ろしさが伝わってきます。

 

ゲームとしても難易度は上がります、序盤から強力なモンスターがちらほら、

特に「メ・ガ・ン・テ」を使うアイツ…は凶悪

リアルで「え、ちょっ、まっ」って言ってしまいました…笑

 

ですが盛り上がり方も格別!

ある時点でBGMが変わるんですが、その曲が…

ドラクエしてる!という気持ちがメラメラと湧いてきます!笑

 

ボスは当然りゅうおうさま!

あの「世界の半分を…」のくだりもばっちりあります!当然、欲望に負けると…

一度倒しても安心してはいけないのは、初代から変わらぬお約束!

今までの出会った人たちの声援を受け、一人なのに一人じゃない最後の戦い

ドラゴンクエストⅠのあの感動をもう一度

 

まとめ

長々と話してしまいましたが、とてもいいゲームです!

全体的にアクション難易度は低く、気軽にドラクエ世界で生活することができます。

とにかくストーリー中のドラクエしてる感」が印象に残る作品です!

 

そして、続編へ…(希望)