よもやまの壺

不思議のダンジョンシリーズを中心にゲームなど雑多なお話し

初めての方におすすめ!不思議のダンジョンランキングTOP5

f:id:kazenoko2525:20170307195141p:plain

 

おすすめはどれ?と聞かれたら…

 

思わず最新作のシレン5plus!と無条件に答えてしまいそうに。

実際素晴らしい作品なのは間違いないです。

ただ「初心者の方に」と言われると?…改めてよく考えてみました。

だいぶ悩んだ結果、ついに答えが出ました。それが今回の記事です!

扱うのはナンバリング作品のみ(外伝やリメイクを除く)、

トルネコの大冒険1~3と風来のシレン1~5からおすすめトップ5を。

 

※すべて私の個人的な意見です

※面白さや難易度についてのランキングではありません。

もし「どれから始めたらいい?」と聞かれた場合、

私ならこう答えるよ、ってそんなお話しです。

 

説明の足りない部分も多々あると思いますが、行きます!!

 

第一位 トルネコの大冒険

 

決め手 全体のバランス

メインダンジョンまでの丁寧なチュートリアル

メインダンジョン~クリア後ダンジョンまで良バランス

理不尽な要素や運要素が極めて少なく、

基礎を守ることが重要な作品

壺・合成・印・店と基礎もバッチリ!

PS・PS2PS3と遊べるハードが多いのも嬉しい。

(PS・PS2で遊ぶ場合は初代PSのメモリーカードを忘れずに)

 

注意点 中断とアイテムコンプ

ダンジョン内でゲームを中断するのに専用のアイテムが必要

運悪く手に入らないといつまでも中断できないので、

時間の取れない方・少しづつ進めたい方にはちょっと厳しい。

クリア後のダンジョンで手に入るアイテムにバグがある

ただ本当に最後の最後で手に入る、おまけ的なアイテム。

 

まとめ

不思議のダンジョンシリーズでおそらく最も初心者を意識した作品。 

トルネコの大冒険のシンプルな面白さに、

風来のシレンのやり込み要素を加え、

初心者にも遊びやすいバランスに整えた、そんな印象です。

入門にはピッタリ、私の一押し!

 

 

第二位 風来のシレン

 

決め手 シレンの基礎とシンプルさ

風来のシレンシリーズの基礎要素が全てここに。

一見使えないアイテムの活用、モンスターを利用するなど、

テクニック的な面白さが魅力。

それらを経験する上で重要な初代シレンのシンプルさ

アイテムやモンスターが後の作品に比べ少ない、

複雑なシステムがない、というのが入門にちょうどいい。

SFCバーチャルコンソール(WiiWiiu)とハードも豊富

 

注意点 急激なバランス変化

モンスターの攻撃力がレベル3で急激に上昇する。

順調に進めていたと思ったら、いきなり桁違いのダメージで即死!?

それほどに極端、ただしこれはクリア後のダンジョンのお話し。

(メインダンジョンで登場するモンスターは基本レベル1、2まで)

 

まとめ

シレンシリーズは続編が出る度、アイテムやモンスターの種類が増え、

システムも複雑になっていきます。

楽しさに気が付くまでに何度も倒れ、投げ出したくなると思います。

だからこそ、このシンプルさが良い!

シンプルだからこそ、もう一回!と再び挑戦できる…

これがすごく重要です。

 

 

第三位 風来のシレン

 

決め手 遊びやすさ

初代風来のシレン純粋に遊びやすく

初代シレンの注意点で触れたバランス部分の改善

トーリーが調度いい長さ・雰囲気も良い、

次に何をすればいいのかがとても分かりやすい

テンポはトップクラス、圧倒的処理速度。

 

注意点 ハードの制約

対応ハードがニンテンドウ64のみと限定的。

64が現役の方なら一位でもいいような気も…

一位・二位と比べると細かいのも含め新要素が多いので、

先にそっちを遊んでからのほうがいい気がします。

 

まとめ

初心者の方でも遊びやすく強くオススメしたいのですが、

ハードの制限が…

以後のシリーズでも人気の異種合成が初登場!

なんですが、おそらく初心者の方には、

通常の合成(同種合成)から入ったほうがいいのかな、と。

それもあってこの順位となりました。

 

異種合成 剣と草など別ジャンルのアイテムを組み合わせるシステム

同種合成 剣と剣など同ジャンルのアイテムを組み合わせるシステム

 

 

第四位 風来のシレン5・5plus

 

決め手 快適さ

最新作でありUIが圧倒的、

プレイヤー視点に立った快適な作りに仕上がっています。

前作から引き続きタグシステムがあり装備ロストを防げる。

携帯ゲーム機で遊べる(DS・PSvita)

ごろ寝しながらゲームできるのは大きな魅力です。

他のプレイヤーに救助依頼が出せる風来救助システム

 

注意点 複雑なシステム

上記の作品に比べるとかなり複雑

夜・装備成長などの新システム。

特に夜、ストーリー上避けられないのも問題。

(上記の作品は特殊なルールがあってもクリア後限定or任意)

通常のルールを覚える・慣れるだけでも大変なゲームです。

道具の種類が多いのも初心者の方にはつらい。

 

 シレン4からの新要素

冒険を進めていると日が落ちて【夜】という状態になる

【夜】は武器盾が効果をなくし、【技】が使えるように

モンスターは【夜】になると強化され、さらに同士討ちをはじめレベルアップしていく

夜のモンスターは通銃攻撃では倒せず、【技】でしか倒せない

と、ゲームバランスが全く変わってしまうためかなり厄介。

※本当はもっと細かいです、詳しく書くとものすごく長くなるのでこの辺で…

 

まとめ

快適なUIに、素晴らしいゲームバランス!だと思うんですが、

ダメージの計算式やHP回復の仕様などは経験者向け。

他にも装備を鍛えても効果を実感しづらい、

気軽に足踏みして回復できない、この辺が難点。

初心者だけどゲーム得意・自信あるぜ!って方におすすめです。

 

 

第五位 トルネコの大冒険

 

決め手 シンプルさ

不思議のダンジョンシリーズの原点であり、

最もシンプル不思議のダンジョン

でもゲームシステムを理解するには十分!

複雑なシステムが一切ないため、

不思議のダンジョンシの本当の基礎を学ぶには最適

 

注意点 とてもストイック

シンプル故に難しく感じてしまう部分も多いです。

テクニックよりも基礎が大事なので、

プレイヤーが成長・楽しさを実感するのに時間がかかる

他の作品と比べRPGっぽい、レベルや装備が重要。

復活アイテムがなく、強力なアイテムが少ない。

ハードがスーパーファミコンのみ。

 

まとめ

良くも悪くもとてもシンプルな作品。

遊んだ事がある人にしかわからない独特なバランスが魅力。

私が初めて遊んだ不思議のダンジョンでもあり、

今でも好きな作品です。

でも、順位はおすすめ度は低め。

以降の作品と比べると、少し不親切な面が目立っちゃいます。

一番古いものなんで、仕方ないんですけどね!

 

最後に…

と一応ランキング形式で記事を書いてみましたが、

どれも一長一短といったところでした。

ごちゃごちゃ書いてますがほとんど大差はありません

ドラクエ好きな方はトルネコ作品からやる方がいいと思いますし、

お手持ちのゲーム機なんかをベースに考えていただけたらと思います。

 

ただ一つだけお伝えしておきたいのは、

不思議のダンジョンシリーズはどの作品から遊ぶにしろ、

楽しさに気付くまで、かなり時間がかかると思います。

アクションゲームのように動かして楽しいゲームでもなく、

通常のRPGのように目に見える形でレベルアップし、

それが成果として残るゲームでもありまえん。

倒れたら全てを失い最初からですからね…

 

でも、次は0からのスタートではありません

このゲームは「プレイヤー自身が成長するゲーム」です。

実感しづらいですが、遊んだ分だけ成長しているんです。

いつか確かな成長を実感できる日がやってきます、必ず。

その時を信じて、どうか頑張ってください。

そして、その先で待つ、クリア時の達成感と開放感

これは本当に不思議のダンジョンでしか味わえないと思います。

なので、ぜひ一度その体験を! 

長くなりましたがお付き合いありがとうございました。

 

そして、不思議のダンジョン仲間へ…