読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よもやまの壺

不思議のダンジョンシリーズを中心にゲームなど雑多なお話し

不思議のダンジョンとの出会い

衝撃の出会い

不思議のダンジョントルネコの大冒険との出会い

 

地元の公園で開催されていたフリーマーケット

まだ子供だった私が何故それをほしいと思ったのかは覚えていません。

当時ドラクエⅣを未プレイだったためトルネコさんに魅かれたわけではなく、

仮にプレイ済みだったとして「あのトルネコさんが主人公!?絶対ほしい!!」

となっていたとは思えませんが…笑。

 

やはり鳥山明さんのキャラクターというのが大きかった気が、ドラゴンボール世代にとってあの温かみのあるキャラクター達は大きな魅力でした。

ドラクエⅥを少し遊んだことあるのもありドラクエモンスターは知ってたし、

落書きするくらいには好きだったことも。

 

あとはパッケージ裏の「1000回遊べるRPGというキャッチフレーズ、

あれは子供心に何か響くものがあったと思います。

 

最初の壁

家に帰りさっそく遊んでみる、

スライムってこういう動きするんだ!

「なんて不思議で楽しいBGMなんだろう!」

「なんか動かないモンスターがいる、攻撃!→ラリホー」など

素敵な経験と感動が押し寄せる!

フリーマーケットお兄さん、こんな面白いゲームを売ってくれてありがとう!

と思った。

 

がしかし、それから数週間後

 

最初の壁である「ミイラ男」に遭遇する。

私のトラウマであり、いまだに苦手なモンスターである。

トルネコの大冒険 ミイラ男の恐怖 よもやまの壺

 

チュートリアルである「ちょっと不思議なダンジョン」は地下10Fまで行き

王様の宝石箱を取ってくるのが目的で、ミイラ男は5Fから出てくる強敵。

 

ゲーム時間が限られている中で、先に進みたい気持ちもあり、

階段即降りみたいなゲームスタイルに陥っていたため、すぐに詰む

(当時ゲームは一週間に一時間まで、とかなり過酷なものだった笑)

 

そうこうしてるうちに上手くいかないイライラが募り、ついに投げ出すことに。

フリーマーケットのお兄さんに騙された!」と私は心の内で叫んだ。

 

この時点では、難しいゲームという認識、というか無理ゲーだと思っていた。

そして、押し入れへ…

 

続きます↓

kazenoko2525.hatenablog.jp