読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よもやまの壺

不思議のダンジョンシリーズを中心にゲームなど雑多なお話し

不思議のダンジョンとの出会い 終

さよならは突然に

 ちょっと不思議のダンジョンをクリアし、

ついに念願のダンジョンを探索する権利出店する権利をゲット。

トルネコさん、店ですよ、店!マイショップ!

 

が店は置いてといて、先ずは新ダンジョン、不思議のダンジョンについて、

不思議のダンジョンは、風来のシレンでいうストーリーダンジョン

27階に落ちているとされる幸せの箱を見つけ出し、持ち帰るのが目的

 

モンスターのバリエーションも増え、より凶悪なモンスターが…!

その反面、

落ちているアイテムの種類が増え(一部アイテムが未識別となるが)

強い装備、便利な指輪など、こちらもパワーアップ可能

なので、また新鮮な気持ちで楽しめる!お得!笑

 

そして、自分のお店

 

小さな店から始まり、冒険から持ち帰ったものを売ることで段々成長していく

ある程度大きくなると、持ち帰ったアイテムを保管しておける倉庫ができる。

これが地味に嬉しい!

ちなみに倉庫がないと、持ち帰ったアイテムは全て問答無用で売り飛ばされます

わ、私のドラゴンキラーがあああああ…

なんてのもいい思い出…笑

 

冒険に失敗しても、店が大きくなることがある種の救い、

店の外見が変化し見た目にも嬉しいし、アイテムを保管できる倉庫も大きくなる、

装備を鍛えたり集めたり、と冒険が少しづつ楽になっていく。

失敗すると何も残らない、のが不思議のダンジョンシリーズのお約束!

なんですが、この冒険自体に影響はないけど、店が大きくなる演出

プレイヤーの心に優しい!特に初プレイの子供に!

 

システムと世界観が上手く合わさってる感じがたまりませんね!笑

 

今の私が遊んでもそうは思わないんだろうけど、

早くもっと不思議で遊ばしてー、ってなってしまうから…笑

悲しい!

 

新しいダンジョン、新しい目的、新しい楽しさ、と

それだけで決して終わらないのが、このゲームの奥深さ、というか恐ろしさ…笑

 

さまようよろい、ゴーレム、ギガンテス、アークデーモン

倍速二回攻撃のシルバーデビル、一部屋範囲混乱のおおめだま

全てを吹き飛ばす爆弾岩など、新たな壁が次々と立ちふさがる

 

自然とトルネコさんの屍は積み上がっていった

そして私は「1000回遊べる」という言葉の意味をうっすらと感じ始めていた…笑

 

さらばトルネコ

そんな中で偶然が重なった結果、

25階といいところまで進めた冒険がありました。

これは…クリアできるんじゃなかろうか!

昂ぶる気持ちを抑え、緊張しながらコントローラーを握る。

そんな私の前に、ついにあのお方が現れた

 

ダンジョンの王ドラゴンである

 

私はそのただならぬ雰囲気にすっかり戦意を喪失し、即逃亡をはかった

その結果、トルネコさんは消し炭となった…

トルネコの大冒険 ドラゴンの炎 よもやまの壺

私は泣いた…

 

その後、折れた心は元に戻ることはなく、

トルネコの大冒険は友達に貸すこととなった

代わりに、私はゼルダの伝説神々のトライフォースを貸してもらった。

 

そして、借りパクへ…