読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よもやまの壺

不思議のダンジョンシリーズを中心にゲームなど雑多なお話し

ポケモンGO イメージと実際

ポケモンマスターになる夢を叶える

遂に日本でもリリースされました、ポケモンGO!

「現実世界でポケモンを捕まえる」

子供時代の夢が現実に…!

 

ポケモンマスターを夢見た、かつての少年少女には大変嬉しいニュースですね!

私もポケモン世代なのでとても嬉しい!

 

と喜びつつも

なんか危なそう?

大丈夫なの?

という、新しいものに対して、なーんとなく抵抗を隠せない部分も…

 

オンラインゲーム?ソーシャルゲーム?基本無料?ダウンロードコンテンツ

このあたりにむむっ?となってしまう古いタイプの人間なだけなのですが…笑

 

うーん、最近話題のヴァーチャルリアリティとはまた違う、

あちらはゲームの世界に自分が入っていくイメージでしょうか。

つまり現実のプレイヤーは物理的に移動や行動をしないわけで、

従来のゲームとその点では変わらない、ということですね。

(勿論リアリティや没入感は段違い、なはず!)

 

ではポケモンGOはどうなのか?

現実世界にポケモンを連れて来る、そんなイメージでしょうか。

そうなると、ゲームをする人が物理的に動きまわることになるので

なんだかトラブルが発生するのでは!?そんな予感!

 

交通事故、不法侵入、諸々の対人トラブル…

うーん、これは危険そうだ…

 

と、とりあえず実際に遊んで危険度を調べてみなくては!

ということで、ネガティブな思考と謎の使命感が私を動かした…笑

 

遊んでみた結果…

 

なるほど、思ってたものと違った。

 

イメージ

ポケモンがマップ上で動き回っていて、追いかけて捕まえるもの

そのため常にゲーム画面を見続けなければいけない…

 

実際

歩いているとマップ上にポケモンが出現、そのポケモンをタッチ、

ポケモンを捕獲する画面に切り替わる、

この画面ではポケモンは動き回ったりせず、基本的に逃げたりもしない

ゆっくり狙いを定めてモンスターボールを投げる、うまくいくとゲット!

 

マップにポケモンが出現したときは音とバイブで知らせてくれる

→それまでは画面を見なくてOK

出現したポケモンに実際に近づく必要はなく、離れていてもタッチすれば

次の画面(捕獲モード)に進める

→人の家に勝手に侵入したり、道路に飛び出す危険性はほぼない!

ポケモンを捕獲する画面は立ち止まって、スマホの向きを固定しないといけない

→画面を見ながらプレイヤーが動き回ることはない!

 

というような感じでした。

しっかり遊ぶ人の安全が考えられていました!さすがです!

危険!?というのは、完全に私の妄想でしたね笑

 

ですが、車道の近くや人通りの多い場所で遊ぶのはやめた方がいいと思います。

遊ぶなら大きな公園などがおすすめです。

 

いったい誰に向けた文章かわからなくなってきましたが、

私と同じような漠然としたマイナスのイメージを持ってる人に何か届けばいいな、

と勝手に思っています。(実際遊んだ方がより早くよりよく理解できますが…笑)

 

よーし、安全をゲットしてから、ポケモンゲットです!

そして、ポケモンマスターへ…