よもやまの壺

不思議のダンジョンシリーズを中心にゲームなど雑多なお話し

キャプチャーボードと遅延(ラグ)対策

遅延(ラグ)ってなに?

お久しぶりでございます。

非常に気まぐれな性格なもので、ブログはじめたもののサボってばかり…

継続は力なり!定期更新していらっしゃる方は本当に尊敬ですね。

さーて、久しぶりに誰得!?な情報をお届けです!笑

 

今回はゲーム実況とは切っても切れない「遅延(ラグ)対策」について!

 

遅延!遅延、遅延…?

あ、電車の遅延証明とか、日常にも転がってる言葉ですね!

通勤中や通学中に、

「こ、この時間に人身事故だと…!?このままでは遅刻だ、や、ヤバい…」

なんて状況になったことは誰しもあるのでは!

こんなとき、

「たまたま乗った電車が人身事故にあって遅れました!」

「決して寝坊して遅刻したのではありません!」

などと主張してくれる割と重要なアイテムが遅延証明です。

(まぁ、効果はさほど期待できない、といいますか、遅刻は遅刻なので…笑)

 

っと、いきなり脱線してしまいましたが、

遅延(ラグ)対策について!

 

ゲーム実況をするのに必要なキャプチャーボード(以前お伝えしたGV-USB2)

を使ってパソコン上にゲーム画面を取り込む事ができるようになったわけですが。

実際にゲームをしてみると、ものすごい違和感ががが…

 

この違和感の正体が遅延(ラグ)です!

普通にテレビ等に繋げて遊んでいるときと比べるとかなりの差ががが…

体感0.5~1秒の遅延(ラグ)が発生します(PCの性能や気分によって変わります)

アクションやシューティングは勿論のこと、

動きの少ないRPGなんかでも思うように操作できずイライラ!笑

キャプチャーボード ラグ よもやまの壺

 

原因はキャプチャーボードがハードウェアエンコーディングだから…。

いや、ハードウェアエンコーディングってなんやねん!

あのあの、こ、この辺は私もよくわかっていません…

ざっくり言うと、

キャプチャーボード内で動画を処理するのに時間がかかり、

その結果、画面表示までに遅延(ラグ)が発生する、って感じでしょうか。

(わからなくても問題ありません!笑)

 

大事なのはここから!

じゃあ、どうすれば遅延(ラグ)をなくせるのか?

残念ながら遅延(ラグ)をなくす事はできません…

キャプチャーボードの仕組み上不可能です!なんてこった… 

 

なのでこうしましょう!

キャプチャーボード ラグ対策 よもやまの壺

 

このようにゲーム機とPC・テレビを繋ぎましょう!

 

遅延(ラグ)対策する

必要なものは、

テレビ

中継プラグ

分配コード

の三つとなります。

 

テレビ

コンポジット(赤白黄)入力ができるものなら何でも

部屋にテレビがない!あるいは、そもそもテレビがない!という人は

ハードオフ等で中古のテレビをお買い求め下さい(予算2~3千円あれば十分かと)

 

中継プラグ

こちらは「ゲーム機コード」と「③分配コード」を繋ぐものです。

中継プラグ よもやまの壺

分配コード

映像をパソコンとテレビ両方に映すためのコード!

二股に分かれています!

分配コード よもやまの壺

再度完成図を出しておきます!(伝わっていることを祈りながら…)

キャプチャーボード ラグ対策 よもやまの壺

 

このように繋いだ上で、テレビの画面を見ながらプレイすることで、

遅延(ラグ)を気にせずにいつも通りプレイ可能です!

(キャプチャーボードを通していないので、遅延がないのは当たり前ですけどね!笑)

※音がしっかりPC側でも流れているか確認するため、

 テレビからではなくPCの音を聞きながら録画することをお勧めします!

 (テレビ側は消音にして、あくまで遅延のない画面として利用しましょう)

 

何故わかりづらいイラストを描いたのか、写真撮ればよかったんじゃないか…

などなど、今更疑問がてんこ盛りですが…

な、何かのお役に立てれば幸いです! 

 

そして、快適な実況生活へ…

 

PC専門の大型家電量販店なら取り扱ってる場合も!

私は池袋で全て(以下一式)揃えました!笑

使ってて思うのは、分配ケーブルは2メートルもいらない…

なので他の長さの分配ケーブルもご検討下さい!笑