読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よもやまの壺

不思議のダンジョンシリーズを中心にゲームなど雑多なお話し

不思議のダンジョン2 風来のシレン

初代シレンよ、永遠なれ…

1995年発売、不思議のダンジョンシリーズ二作目。

現在のプレイ環境はSFC・Wiiバーチャルコンソール(926ポイント=926円)。

前作トルネコの大冒険から世界観はガラッと変わり、

オリジナルのキャラクターや世界観を持つ風来のシレンシリーズ第一作。

 

 

前作トルネコの大冒険に入れることができずやむなく削ったアイデア

(トルネコの大冒険公式ガイドブック 中村光一氏インタビューより)

が大量に追加された作品。

 

トルネコの大冒険ドラクエの世界観を活かした作品。

モンスターの名前や見た目である程度の強さが想像できる!

(あ、ゴーレムだ!うわー、絶対強いよ…)

ドラクエの道具や呪文の名前を使うことで馴染みやすく理解もしやすい!

(ラリホーの杖?ああ、敵を眠らせるのね)

知名度のないゲーム(ローグライク)の複雑なシステム、

そのとっつきにくさの敷居を下げる、そんな効果があったと思います。

もちろんドラクエの知名度や集客力も大事だったとは思いますが笑

 

ただドラクエの世界観を壊すようなアイデアは採用できず、

削られたアイデア風来のシレンにてようやく日の目を見ることに!

(泥棒や肉などドラクエ的にどうなの?なシステムと予想)

 

追加された新要素

 

壺の登場

アイテムを入れることができるアイテム!ですね笑

保存の壺・合成の壺など以降の作品の定番アイテムも初出はこれ!

 

合成システム

剣・盾・杖の合成が可能に!以降のシリーズでは定番に!

+のついた装備を一つにまとめより強い装備に

+3の剣と+2の剣で+5の剣

また装備の持つ特殊能力も一つにすることが可能に

ドラゴンキラー(竜に与えるダメージを増加)

成仏の鎌(ゴーストに与えるダメージを増加)

この二つを合わせると

(竜とゴーストに与えるダメージを増加させる)効果を持つ剣ができる

杖は同じ種類のものを合成することで回数をまとめられる

場所替えの杖(4)+場所替えの杖(6)=場所替えの杖(10)

 

店と泥棒

ダンジョンの中に店が出てくることがあり、アイテムの売買ができる。

お店の登場により、前作のお金(ゴールド)が最終的に

スコアアップアイテム(ダンジョン内での使い道がほぼないアイテム)

になってしまうのを防ぐ事に。

今作ではギタン(お金)をモンスターに投げることで

金額の1/10のダメージを与えられるので武器としても優秀なアイテムに笑

 

そして、店があれば泥棒もある笑

お金を払わずアイテムを強奪し階段を下りる、ことができれば

大量のアイテムがゲットできる!のですが当然リスクも…笑

店主さん(泥棒時に出現する盗賊番も)はとても強く、そこらで拾った装備では

100%勝ち目はありません、攻撃されたら即死です笑

なので戦うのではなく、どう階段まで逃げるか、を考えなくてはいけません。

手持ちのアイテムやフロアの状況を見て犯行計画を練るのが、

今も昔も変わらない、風来のシレンの楽しさの一つです!笑

 

仲間NPCの存在

今回はストーリーダンジョンにあたるテーブルマウンテンでは

最大三人の風来仲間を連れて遊ぶことができます。

一人では難しい冒険も仲間がいれば!(足を引っ張るやつもいますが…笑)

 

またストーリーダンジョンの最終フロアにはボスが待ち受けています。

まともに戦うとメチャクチャ強いです!メチャクチャ強いんですが、

このゲームの主人公は勇者ではありません、風来人です!

いかなる(汚い)手段を使っても勝てばよかろう、なのです!

情報が広まった現在では、弱いボスとして有名ですね笑

 

モンスター

今作のモンスターは多様な顔ぶれ(天狗や妖怪、ドラゴン、ハロウィン?など)

モンスターにもレベルシステムがあり、何らかの理由でモンスターが

レベルアップしてしまうと強さや能力がよりやっかいなものに。

 

↓レベルアップするたび能力が強化されていく

ドラゴン    直線上にシレンがいるとダメージ30の炎を吐く

スカイドラゴン 同じ部屋にシレンがいるとダメージ40の炎を吐く

アークドラゴン 同じフロアにシレンがいるとダメージ50の炎を吐く

風来のシレン 対アークドラゴン よもやまの壺

最強のモンスターアークドラゴン(ドラゴンクエスト風)

 

また今作のモンスターは特殊能力を持つものが多い

・手持ちのアイテムを食料(オニギリ)に変える

・催眠をかけランダムに行動させられターンをつぶす

・装備を弾く、装備を呪うなど

前作と比べても厄介な能力持ちが多くなりました(しっかり対策手段もありますが)

 

さらにモンスターハウスもより凶悪に

前作でもモンスターハウス(大量のモンスターとアイテムが存在する部屋、罠も多い)

はありましたが、今作では特殊なモンスターハウスが登場!

パワーハウス(攻撃力の高いモンスターのみ)

泥棒ハウス(アイテムやギタンを盗むモンスターのみ)など

これだけだと大したことないんですが、実は特殊ハウスに出現するモンスターは

レベル1~3までランダムです。

つまり、まだ冒険の序盤でもおかまいなしに

レベル3モンスターと遭遇することになります…おそろしい笑

※普通のモンスターハウスはそのフロアに出現するモンスターしか出てきません

ただストーリーダンジョンでは特殊モンスターハウスは出てきませんので

ご安心ください笑

 

クリア後のダンジョン

前作にもあったもっと不思議のダンジョン(全てのアイテムが未識別状態)に加え

特殊なルールのダンジョンが登場!

掛軸裏の洞窟(罠ダンジョン)と食神のほこら(肉ダンジョン)

 

掛軸裏の洞窟(持ち込み不可)

ワナ師の腕輪を装備した状態ではじまる特殊ダンジョン。

この腕輪を装備してると、

・ワナが見えるようになる

・自分が罠にかからなくなり、モンスターが罠にかかるようになる

という効果を得られます。

モンスターと直接戦うのではなく、罠を利用してモンスターから逃げたり、

モンスターを罠にかけ倒し進んでいく、そんなダンジョンです。

 

食神のほこら(持ち込み不可)

ブフーの包丁を装備した状態ではじまる特殊ダンジョン。

ブフーの包丁の特殊能力は、

倒したモンスターの肉を一定確率でドロップさせる、というもの

 

モンスターの肉というのは、食べることでモンスターに変身することができ、

そのモンスターが持っていた能力を使うことができるアイテム。

ドラゴンの肉を食べるとドラゴンに変身し炎を吐ける!そんな感じです。

効果時間は食べてから階段を下りるまで(任意のタイミングで元に戻ることも可能)

初代シレンの根強い人気を支えるシステムです!

 

ということで、モンスターの肉をうまく使って潜るダンジョンですね。

 

前作から削除された要素

リレミトの巻物(脱出アイテム)

今作では倉庫の壺(あるいは飛脚)でアイテムを送るかクリアする必要あり

倉庫の仕様変更

倉庫が直接アイテムを置く形に、前作はネネさんに話して使用

倉庫の最大数は60から25に(冒険の拠点となるスタート地点のみの比較)

地震

一フロアに長期間居座ると起こった地震(強制的に一つ下の階へ)

今作からは風が吹き地上に戻されるように(ゲームオーバー)

帰るまでがダンジョン

今作以降は目的のフロアまで行けばクリア(帰りの上り階段はない)

 

まとめ

初代シレンにして完成度の高さは驚異的!未だ色褪せぬゲームです!笑

以降の作品(シレンシリーズに限らず)に与えた影響は計り知れず…

現在でもプレイ人口が多く、動画なども数多く作られています。

 

トルネコの大冒険と比べよりテクニックが重要な作品だと思います。

あちらはよりローグテイスト・RPGテイストが強いですイメージ。

どちらが面白いかは完全に人によると思います!(私はどちらも好きです笑)

同じトルネコ・同じシレンでも作品によっても違いますから、

初代のみで比べてみるとこんな感じでしょうか。

なんだか無駄に長くなってしまいました。大好きなゲームなんで…すみません笑

 

そして、神ゲーへ…