読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よもやまの壺

ゲームなどの雑多なお話

不思議のダンジョン 風来のシレンDS

ゲーム 風来のシレン

※移植ではなく、リメイク!

2006年発売のDSソフト。

初代風来のシレンのリメイク作品!

原作と比べると不満点が多いものの、

全く別の作品と考えれば割とシレンしてます!

でも多くのシレンファンの方はベタ移植、

あるいは風来のシレンplusのようなものを期待してたのかも…

(トルネコアドバンスが原作を崩さない良リメイクだったため)

 

主な変更点

難易度の上昇

難易度が大幅に上昇!

難易度の上げ方は強力なアイテムの削除・弱体化・制限など

※難易度調整について少し

個人的に初代シレンの面白さは、

モンスターのインフレが激しいけれど、シレンもやりようによっては、

それに対抗したり、逆に上回れたりできるところだと思います。

今作では救済措置的アイテムは削除され、

装備の強化上限が付いたせいで装備の選択肢も狭くなり、

原作と比べ窮屈な印象に。

難しいというか不自由。結果、面白さが減ってしまった…

 

レベル4モンスター

モンスターのレベルが3段階から4段階になった。

これにより初代シレンで極端だった、レベル2からレベル3での、

モンスターのパワーインフレが抑えられマイルドなバランスに

フェイの最終問題36階からのダメージインフレがなくなり、

盾の極端な強化が不必要に。

レベル3とレベル4の特殊能力が同じモンスターが大半だが、

特殊能力がレベル4で強化されるケースもある。

アビスドラゴン ドラゴン系レベル4

能力 フロア無限射程固定60ダメージの炎を吐く

ヘンクツ戦車 戦車系レベル4

能力 射程無限固定50ダメージの砲撃・倍速

もや仙人 仙人系レベル4

能力 フロア無限射程へんな呪文

その他にも、ぬすっトド系・にぎり変化系などもレベル4で微強化。

基本的に対処法は原作と変わらない、変わらないのですが…

 

追加モンスター

初代シレンのボツモンスターや他作品からの輸入モンスター、

今作オリジナルのモンスターなど。

パルテノス系 初代シレンのボツモンスター 

能力 隣接すると移動不能にされる(トルネコマドハンドに近い能力)

チンタラ系 月影村から

能力なし

ヤミウッチー系 月影村から

能力 シレンから一マス空けて行動(月影村では能力なし)

ばくだんウニ系 月影村から

能力 HPが一定以下になると自爆する(月影村では能力なし)

タイガーウッホ系 シレン2から

能力 シレンを罠や他のモンスターに投げる

ヒーポフ系 シレン3から

正面一マスに固定ダメージの炎を吐くドラゴン(たまに失敗する)

カラカラペンギン系 本作オリジナル

能力 手持ちアイテムを帯電状態してくる

帯電状態になったアイテムは使用不可能になり、フロア移動で消滅

能力の対象はレベルアップにより草→巻物→杖→壺と増えていく

※グダグダと長くなります、

カラカラペンギンの能力(帯電化)について

アイテム破壊+道具欄圧迫という非常に厄介な能力。

能力を防ぐ盾や腕輪がない(盾や腕輪で防げない)。

にぎり変化の能力(手持ちアイテムのオニギリ化)とは違い、

プレイヤーに一切のメリットがない

また能力を防ぐ方法がないのは物荒しに近いが、あっちは、

クリア後ダンジョンの深層のみに出現するレベル3モンスター。

雑草は満腹度5%回復、変化の壺に入れるなど使い道がゼロではない。

原作ではステータスが低く深層では雑魚、矢で一発。

それに対し、カラカラペンギン系は、

ストーリーダンジョンやクリア後ダンジョンの序盤から出現

帯電状態になったアイテムは使い道がゼロ

ステータスは同じ階層のモンスターに近く、一発で対処はし辛い。

両者は似てるようで、その厄介さは別もの。

能力だけで見たら物荒しも酷いが最終問題の深層まで行ける人にとっては、

大した敵ではない。(実際に、出会う頃には装備もアイテムも充実してる)

なお、今作の畠荒し系のステータスはカラカラペンギン系に近い。

それもあって、畠荒し系だけでよかったんじゃ?感が強い。

思い返すと私自身このモンスターに特別苦い思い出はないんですけど。

能力を見ると、面白みがないな、なぜ追加したんだろう?

なんて気持ちに。(以後の作品に一切登場しないのも納得です)

 

状態異常の仕様変更

おにぎり状態 握り変化系の能力・おにぎりの罠 10ターン

原作ではアイテム使用不可、剣盾の能力無効

今作では原作の効果に加え、剣盾の強さも無効(強さ0に)。

さらにこの状態でデロデロの罠を踏むと即死。

催眠 ゲイズ系の能力 1ターン強制行動

原作ではアイテムのコマンドの一番上のみだった(壺なら入れるなど)。

今作ではアイテムを投げる事が…

どちらもやまびこの盾が削除されたことで猛威をふるうことに…

 

罠の変更

おにぎりの罠 シレンがおにぎり状態に

呪いの罠   持ち物を一つ呪う

階段の罠   階段に見えるが踏むとランダムな罠が現れる

など凶悪なものが増えた。(以降ではお馴染みですが)

 

追加ダンジョン

ストーリークリア後、全て持ち込み可ダンジョン。

鍛えた装備の使い道・レアアイテム探し・追加ボス打倒など。

魔触虫への道 99階

テーブルマウンテンの31階以降のダンジョン

儀式の洞窟 30階

キグニ族にまつわるダンジョン キグニ族好きにはたまらない!

死者の谷底 50階

ペケジ関連のダンジョン 深層ではゲイズの盾などが手に入る

 

剣盾の強化限界

能力のない剣盾の場合、基礎的な強さが高いほど上限も高い

こんぼう 強さ2+上限20=最大で22

カタナ  強さ6+上限50=最大で56

特殊能力付きの剣盾の場合、上限が8で固定。

ドラゴンキラー 強さ5+上限8=最大で13

地雷ナバリの盾 強さ3+上限8=最大で11

上限の低さからベースとして選択することが困難に…

好きな剣盾を強く育てる・色々な剣盾でクリアを目指すことが難しく、

結果として、装備の選択肢が減ってしまった…

 

やまびこの盾の削除

能力はゲイズの盾・プリズムの盾に分割された。

やまびこの盾が強すぎた!能力を二つに分けよう!

ゲイズの盾  ゲイズ系の催眠を無効に

プリズムの盾 ガイコツまどう系の杖や仙人系の魔法を10ダメージに

と、ここまではわかるんですが、

フェイの最終問題ではどちらも入手不可!

風来のシレンDS プリズムの盾 ゲイズの盾 よもやまの壺

この調整はどうなんでしょう…

対抗手段を削除しました、難易度上昇です!…うーん。

なんというか、危険な能力と対になるアイテム・手段があるから、

面白い気が…

全部ジェノサイドの巻物で解決?

透視の腕輪必須?通路で必ず矢を撃って進め?

いや、それはあまりにも…

 

呪いアイテム

装備以外のアイテムも呪われるようになった。

呪われた草や巻物、壺などは使用不可能となる。

またおはらいの巻物の効果が、

手持ち全てから選択した一つに弱体化。

そのせいでノロージョ系と呪いの罠が非常に怖い。

こうなると呪いよけの腕輪がほしくなりますが、

呪いよけの腕輪は救助のご褒美限定アイテムという…

 

掛け軸裏の洞窟の仕様変更

罠にかけたモンスターを倒さないと経験値がもらえない

以降のDS作品(砂漠の魔城DS、4、5もこのルールが採用される事に)

私はあまり罠ダンジョンをやらないのですが、

面倒なルールになった印象です。(以後の作品も同じシステムですが)

 

フェイの最終問題の調整

モンスターの出現テーブルが大幅に変更された

原作では36階からレベル3モンスターが登場、

突然ダメージがインフレし、難易度が急上昇していた。

今作ではレベル4モンスターの追加により、難易度の上昇はゆるやか

71階でモンスターの攻撃力が最大になるイメージ。

アークドラゴンの登場も86階からと他シリーズに近い。

 

DS版フェイの最終問題の思い出

低層でギタンマムル狩り

がいこつ魔王・魔天の杖による終わらない恐怖

もや仙人のへんな呪文のウザさ

重装の盾がクリア装備

深層の迷路フロアでおにぎりの罠→冥王で詰む

と、いろいろ楽しい(一部苦い)思い出が。

今作のフェイの最終問題は三回くらいクリアしました!

 

店主の強化

泥棒時倍速化

白紙せいいきを無効化(番犬・盗賊番も)

 

フェイの問題

問題内容の変更

クリアした問題を再度遊ぶことが可能に

 

細かい変更点など

壺の容量   最大が[10]から[5]に

白紙の巻物  書き込めるのは一度読んだものだけに

引き返す   こばみ谷の序盤なら拠点に戻れるように

風来救助   難易度上昇に対する救済とも

追加イベント NPCの追加・バンジージャンプなど

BGM・SEの劣化 ハードの限界・一部SEの変更も

 

まとめ

以降のDSシレン作品のベースとなった重要な作品、

風来のシレンとしては決してできの悪い作品ではない

DS故に手を出しやすく、寝っ転がってシレンできるのは立派な魅力!

ただ、初代シレンファンに思い入れのある方には…

初代シレンを携帯ゲーム機に移植したものではなく

完全に別のシレン作品と思った方がいいと思います。

初代未プレイの方・怖いものみたさの経験者の方などにおすすめ!

し辛いですが…オススメデス!

 

そして、DSシレンシリーズへ…