読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よもやまの壺

ゲームなどの雑多なお話

不思議のダンジョン 風来のシレンDS2 砂漠の魔城

ゲーム 風来のシレン

古き良きシレン、ただし原作とは別物

2008年発売のDSソフト。

風来のシレンGB2砂漠の魔城のリメイク作品!

ジェロさんの歌が印象的なCMも記憶懐かしい。

前作シレンDS2と同様、原作からは大小様々な変更が。

移植ではなくリメイク、リメイクです!(何度も言います)

 

主な変更点

風来仲間

相変わらずお竜さんがヒロインしてる。※メインヒロインはアテカ姫

夕焼けの砂漠を背景にたたずむイベントは非常に美しい…。

砂漠の魔城 お竜さん よもやまの壺

初代のお竜さんとはもはや別人ですね(デザインも含め)。

ペケジのウザさもパワーアップ!

倒れたシレンを介抱するシーンとコッパとの殴り合いは必見。

あ、マーモや人形も仲間にできます。勿論ンフーも!

DS作品恒例のおまけ要素、ボーグマムルが仲間に

相変わらず役に立たな…カワイイカラユルサレマス

彼?のイベントダンジョンも追加、詳しくは後程。

 

この作品の女性はみんなかわいい…

サチ、アテカ姫、お竜、あなたのお気に入りは?

え、オハギとキナコ?あれは女性なの?

そしてシレンのイケメン度合もすごい…

原作GB2のパッケージが最強だと思いますけど、こちらも。

みんな初代から比べるとあか抜けた印象…え、ペケジ?

 

操作関係

操作性の向上

ワンボタンで矢、R+ナナメ入力でナナメ固定移動など、

据え置きシレンと同様の操作ができるのは嬉しい。

道具の複数選択や自動振り向きなども。

モンスターのアニメーションが若干重い

にらみヘビの攻撃モーションなど一部テンポが悪い。

慣れれば問題ない程度。

でもグラフィックはSFC初代にかなり近づきました!

 

モンスター関係

レベル4モンスターの追加(原作ではレベル3まで) 

ただし原作ダンジョンのモンスターテーブルに変更がないので、

基本的に自然発生することはない

意図的なレベルアップ(しあわせの杖を振る)や、

同士討ちなどによる事故(混乱や囮状態、特技の誤爆など)

がない限りほぼ出会うことはありません

なので存在感のないレベル4モンスターたち…

前作DS1ではかなり存在主張してたんですが。

特にレベル4追加で脅威となるモンスターもおらず、

それどころか、プレイヤーにとってプラスなモンスターが。

強化カヅラ ウツボカヅラ系レベル4モンスター

能力 飲み込んだアイテムを強化する

剣盾の修正値+5

巻物は白紙の巻物に変化 など

吸収の壺(モンスターの能力を奪い、容量分使える)と合わせれば、

奈落の果て99Fもグッと楽に!

ただし油断すると爆発ゾーンで泣きを見ることに…笑

 

ノコギガッターの弱体化

ノコギガッターがこちらを視認していない場合、

モンスターを投げなくなりました。

モンスターハウスのモンスターが全て飛んでくる、

といった恐怖はなくなりました。少し寂しいような気も…

 

他にもAIや能力の変更されたモンスターがいますが、

あまり印象に残っていません、その程度の差異なんです、きっと。

 

ダンジョン関係

従来のダンジョン

壺の洞窟の難易度上昇 逃げダンジョン

モンスターの視界変更により凶悪な難易度に。

実力と運が究極的に問われるダンジョンと化す…

クリアできる気がしない。

天下一罠道会の仕様変更 罠ダンジョン

風来のシレンDSと同じ仕様に。

罠を拾う・設置することができる

GB2原作にあった改造は削除された

経験値はモンスターを罠に掛けずに倒すと1固定、

罠に掛けた状態で倒すと通常通りの経験値

連続で罠に掛けると2倍・3倍と経験値が増えていく。

と、DSシリーズの罠ダンジョンはずっとこんな仕様です。

奈落の果て・トンファンの穴

基本は変更なし。

レベル4モンスターの能力・肉はレベル3と同じ物がほとんど。

モンスターの一部弱体化など理不尽な要素がなくなり遊びやすくなった。

 

追加ダンジョン

オババの家の隠し穴 

50F 持ち込み可 タイムアタックダンジョン

TAダンジョンとは珍しい…

DS1でもTAモードはありましたがこちらはTAがメインのダンジョン!

遺跡の奥底

99F 持ち込み可 壁堀ダンジョン

壁を掘り進め階段を探すという新スタイル マップ表示なし

つるはしは命!

マムルのほら穴

99F 持ち込み可 ボーグマムル関係のダンジョン

ボーグマムルに話しかけると強制的にダンジョンに連れていかれる。

一度クリアするまで(初回30F)はボーグマムルが倒れると冒険失敗に。

うっかり話しかけて鍛えた装備を持ち込む、

ボーグマムルが敵に突っ込んでいき冒険失敗、装備ロスト…

なんてのはDS2では誰もが通る道!

はい・いいえの選択式だったら…と心から思います。

特に最強の剣「火迅風魔刀」はゲーム内で一本しか手に入らないため、

メインで使ってる人は注意しましょう。 

 

まとめ

原作に思い入れのある方には違和感が強く、ほぼ別作品レベル。

前作DS1と同様原作プレイヤーさんには勧めづらいです。

携帯ゲーム機のシレン作品で考えると、

4以降のように複雑なシステムが存在せず(夜や装備成長など)、

前作DS1と比べ意地悪な仕様や制限もないので、

割と初心者の方にもオススメできるシンプルなシレン

うまく説明できませんが、古き良きシレンと言ったイメージです!

 

そして、砂漠の民へ…