読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よもやまの壺

不思議のダンジョンシリーズを中心にゲームなど雑多なお話し

不思議のダンジョン 風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫

ストーリークリアまでが大きな壁…

2008年発売のWiiソフト。2010年にpspでポータブル版が発売。

(追加要素等はなくテンポの改良等がされただけなのでpsp版もここで)

前作から実に8年、ハードを一つ飛ばし、Wiiシレンがやってきた!

シリーズファンの期待を余所に、その内容は…

 

ストーリー

かつての剣術の師センセーと再会したシレンとコッパはあるものを見せられる。

とんでもない秘宝の眠る伝説のからくり屋敷、そのからくり屋敷の鍵。

多くの風来人がその屋敷を求めたが、誰一人その姿を見た者はいない。

風来人の血が騒ぐ…こうしてシレンは新たなる旅へ出るのだった…。

と、久しぶりにお宝探しがメインのストーリー!と思いきや、

話はかつてないスケールと壮大なものに…そして明かされるシレンのルーツ…。

シレン史上最も長いストーリークリアまで30時間ほどかかりました…。

シナリオはクロノクロスでお馴染みのあの方が担当されています。

日本神話と竹取物語を混ぜて1000年寝かせたら完成したお話。(てきとう)

ストーリー自体は悪くないんですが、シレンには合わなかったような…。

超展開とご都合主義が多いせいで、長いのにあまり印象に残りませんでした。

時間をかけて丁寧な展開をしていれば。…いや、やっぱりシレン向きじゃ…。

 

キャラクター

シレン

主人公。今まで謎だったシレンのルーツが明らかに…。

頭身が上がりリアル化したが相変わらず無言、とてもシュール。

コッパ

語りイタチでシレンの相棒。今作はとにかくセリフが多い。

今作での活躍はまさにヒロインと呼ぶにふさわしい…、ツンデレもあるよ!

センセー

シレンの剣術の先生。今回の冒険のきっかけとなった人物。よく喋る。

格闘タイプのようだが実はエスパータイプ…。なんでも知ってる!

制限 両手武器・盾が装備できない 

アスカ

かつての仲間、成長した女剣士。主人公より主人公してるヒロイン。

やはりよく喋る。ゴザル口調はなくなってしまった、残念。

制限 二刀流ができない

 

シレン達の他にもカラクリ屋敷の秘密を探る、

十狼太(風来人)おぼろ(女忍者)などのライバルキャラも登場。

また過去作のボスが登場するなど、シリーズファンに嬉しい要素も。

 

システム

二刀流 両手に武器を装備でき、二連続攻撃が可能に。

今までありそうでなかった新システム、本作の目玉要素!

残念ながら両手盾はできません。笑

風来のシレン3 二刀流 よもやまの壺

 

レベル継続

トルネコ3に続き今作もレベル継続制(倒れてもレベルはそのまま)。

※ストーリーと一部持ち込み可ダンジョンのみ

 

仲間について

今作では同行している仲間が倒れても冒険失敗となる。

レベル・HP・満腹度・装備などはすべて独立している。

同時操作が可能となり数で敵を圧倒できる反面、

凡ミスや事故であっさりゲームオーバーにもなるため注意が必要。

 

仲間操作モード

仲間キャラの操作はAIである程度制御できるだけだったが、

今作ではプレイヤーが完全に操作できるように。(道具は共有)

例 シレンで杖を振る→センセーで攻撃→アスカで回復など

従来のAI操作も可能、普段はAIに任せ、

ここぞという時は全員操作という使い分けプレイもできます。

 

龍脈

説明が難しい新システム。

龍脈と呼ばれる特殊地形にアイテムをお供えすると、

アイテムを成長させることができる。

装備の強化・印付与や道具の複製・変化、回数や容量の増加、祝福など、

様々なプラスの効果をもたらす(他にも効果は多数)。 

装備の強化に使えるためストーリーの救済措置・クリア後のやりこみ要素など、

使いどころは多いが活用できるか疑問。若干説明不足感が強い。

龍脈に逃げられるのは初プレイでのお約束。

 

肉システム

初代・砂漠の魔城と好評だった肉システム!

やはり強くて便利、なにより楽しい!

 

難易度選択(イージーとノーマルから選択・変更不可)

イージー 倒れてもリセットすれば最後に記録した状態から

ノーマル ダンジョンに入るときにセーブ、倒れたらすべて失う

基本的にストーリーダンジョンでリセットができるかどうかのお話、

ダンジョンやモンスター、アイテムに変更はない。

装備を失うと非常に辛くなる箇所があるため(後述)、

イージーを選ぶことをおすすめします。

 

ストーリーの進め方 

ストーリーは選択したダンジョンをクリアし、新エリアを解放していく感じ。

(マリオRPGのマップのようなイメージ)

序盤のダンジョンでレベルやアイテムを稼ぐことも可能!

ただし、一部ではクリアまで前のマップに戻れない箇所があり、

そのため難易度ノーマルを選択してると、

ダンジョンで倒れる→敵が強いのに装備がない→また倒れる→装備が…

という負の連鎖に陥ってしまうことも…。

モンスターの強さが装備ありきで配置されていること、

装備の強さがダメージ計算に大きく影響することもこの状態の原因に。 

 

処理速度

Wii版は一部キャラクターの動作が遅いだけで、ロード時間は短い。

psp版はダンジョン外のロードは長め、ダンジョン内のロードはほぼ無し。

また、ダンジョン内では一部動作がカット快適に!でも処理落ちが少し。

 

モンスター

ビジュアル

キャラクターのビジュアルがリアル化したようにモンスターもリアルに。

前作の可愛かった3Dモンスターと違い全体的になんか不気味

またタイトル通りカラクリっぽいモンスターが多く、

無機質な敵に襲われるのはなんだか非常に精神力を削られる…。

 

レベル

ナンバリング作品ではレベル4モンスターが初めて全モンスター対応に。

みだれ大根(狂戦士の種を投げる)

ゲンナマゲイズ(部屋内催眠)

など特殊能力が凶悪なものに…。

※レベル4モンスター自体はDSリメイク作品で既出

 

属性

すべてのモンスターが属性を持つようになった…。

属性とは以下の9種、一定確率で様々な効果を発揮する。

属性はモンスターによって固定。マスの色で判別可能。

例 マムルは知属性 マスの色は青

 

<属性一覧>

熱 赤 痛恨の一撃

知 青 直接攻撃が必中

樹 緑 杖を無効化

雷 黄 直接攻撃でかなしばり状態に

気 桃 満腹度減少

影 黒 直接攻撃でHP回復

土 茶 姿を消す

幻 紫 直接攻撃・遠距離攻撃を回避

鋼 銀 受けたダメージを反射

 

熱属性の痛恨で予想外のダメージ、雷属性でかなしばり状態にされピンチに、

土属性で知らぬ間に先制攻撃される、など危険な属性が多い。

幸いなことに、属性の発動率は低い。低い、がしかし気を抜くと…。

3D化に伴うテンポの劣化に、この複雑で面倒な要素は…。

(モンスターの属性を度々確認するか、覚えておく必要が)

異種合成モンスターマゼゴンが雷属性なのはかなり意地悪、

かなしばり→かなしばり→かなしばり、のループで泣きを見ました…。 

ずっとマゼゴンのターン…(泣)

 

戦闘バランス

割とバランス自体は良好、ただし持ち込み不可ダンジョンの序盤は割と辛い。

ダメージ計算に装備の強さが大きく依存しているため

剣と盾がない状態だと序盤で早々に詰みます…。

装備があれば純粋な殴り合いも可能ですが、属性のせいで安心はできない

レベルよりも装備の強さが重要!修正値を増やす・守ることを意識したい。

 

ダンジョン

ストーリーダンジョン

ストーリーダンジョンはトルネコ3と同様、短いダンジョンが多数

今作では要所要所でボス戦あり。全員操作モードを使えば割と楽勝な難易度。

ただし、若干運が絡むボスもいるためやはり難易度はイージーをおススメ…。

 

どこでもダンジョン

ストーリーの進行によって階層が解放されていくダンジョン。

5階からはじまり最終的に99階まで選択可能に。持ち込み可。

ストーリーダンジョンが細切れのため、従来の不思議のダンジョンポジ?

短時間で遊べる他、難易度ノーマルでの詰み防止としても一応機能…。

 

クリア後ダンジョン(他にもいくつかありますがメインどころを) 

ツヅラの迷宮 もっと不思議のダンジョン 99階 

今までにない独自の仕様 仲間同行可・一定層にボス

遊ぶにはストーリークリア後の追加ストーリーのクリアが必要…。

オチミズ峠 もっと不思議のダンジョン 50階

ダンジョンに壁がない 浮遊エリアのみの特殊なダンジョン

千年洞窟 持ち込み可 仲間同行可 999階

99階ではなく999階!

 ブフーの洞窟 肉ダンジョン 99階

ツワモノの穴 腕試しダンジョン 99階 持ち込み可

 

まとめ

とにかくクリアまでが長い…しかし、一度クリアしてしまえば

新システムでのもっと不思議や特殊ダンジョンなど魅力的な部分も!

他のシレン作品にマンネリを感じてしまった方で変わり種をお求めの方は、

一度触れてみるのもいいかもしれません。強くはおすすめできませんが…。

 

そして、月の石拾いへ…