読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よもやまの壺

不思議のダンジョンシリーズを中心にゲームなど雑多なお話し

トルネコの大冒険 不思議のダンジョン

人選ミス!?…そして伝説へ

1993年発売、不思議のダンジョン記念すべき第一作

現在プレイ可能ハードはSFCのみ…。

(バーチャルコンソールにないのは、権利関係?むむむ…)

チュンソフトさんが海外ゲーム「ローグ」を参考に、

ドラクエのキャラクター・世界観を使用し、国内向けゲームとして開発した作品。 

よくわからないゲームがドラクエ」のキャラ等を借りて来る事ができたのは、

チュンソフトさんがドラクエのプログラミングを担当していたため、でしょうか。

 

トルネコ主人公化における裏話?

なぜトルネコ!?ドラクエⅣをプレイした人なら思ったはず。

ドラクエⅣのキャラクターの中でも人気は低かった彼が、なぜ…

四コマ漫画でもネタキャラとして有名でしたからね…

(投獄されたり・気球から投げ捨てられたり…笑)

 

後のスピンオフ作品でも、

テリー  期待の割に…ドランゴに比べ…職歴詐称(バトルマスター?)…

キーファ 序盤で永久離脱&種

ヤンガス ストーリーに一人だけ無関係(でも序盤から頼れる)

 

と、なぜ彼らが?という作品は多いですね。

(不遇なキャラに活躍の機会をあげた!とも言えますが) 

作中で扱いの悪い・影の薄い・ネタにされやすいキャラが抜擢される流れ?

その流れを作ったのがトルネコさんだったわけです、偉大だ!笑

 

でも仮にドラクエⅣからキャラを選出するとしたら…

ライアン ホイミンとセット、アイテムを駆使するシステムに合わない

アリーナ クリフト・ブライがセットで付いてくる、アイテムを駆使うんぬん

マーニャ ミネアが付いてくる、魔法メインなのでうんぬん

勇者   ドラクエにおける勇者のイメージは大事、勇者がお宝探し?うーん…

トルネコ 商人のためアイテムの活用が似合う(原作でもアイテム鑑定ができた)

     他のキャラと違い単独で動かしやすい(原作でも基本一人の三章)

     モンスターに倒されたり、トラップで無様に倒れたり、

     ももんじゃに蹴り出されても誰も悲しまない(人気的に)

 

と、わりと適任なキャラだったのかもしれません!笑

今ではトルネコさんじゃなきゃいやだ!って声も多いはず…

この死に様を見慣れる頃には、すっかり虜に…素敵です。

トルネコ 冒険失敗 よもやまの壺

 

ストーリー

世界一の武器商人になることを夢み、セッセと働くトルネコ

そんな彼はある日、お宝の眠るという不思議のダンジョンの噂を耳にする。

夢をかなえるため家族とともに旅へ出ることを決意。

そしてついに、不思議のダンジョンを探し当てるのだった…。

 

でも王様の許可がないと不思議なダンジョン探索しちゃダメ、

どうしてもって言うならちょっと腕試しさせてもらう、

ってなことで話がはじまります。

不思議のダンジョンを管理下に置く王様すげえ…。

 

シレンシリーズとの比較と特徴

不思議のダンジョンシリーズとしての難易度は割と低め

なんですが、風来のシレンから入った人には色々と違和感が?

壺がない、合成(印)がない、など後の作品との違いもありますし、

シレントルネコのゲームバランスの違いもあります。

ローグライク初心者の方には十分な難易度です!

 

シレンがテクニックを駆使して進むのに対して、

トルネコはレベルが重要になります、シレンよりRPG色が濃く

地道な経験値稼ぎが大事なんですね!(あくまで私の感想ですが…笑)

 

そして、この作品には、

目的のフロアまで階段を下る→目的のお宝をゲット→階段を上り地上へ

と以後の作品にはない要素があります。(月影村にも少しありますが)

つまり、99階潜った後は99階登らなくてはいけません!

途中で倒れたら全ておじゃん。帰るまでがダンジョンです!

 

他にも、フロアに長居すると風が吹いて地上に戻される(ゲームオーバー)という

システムが後の作品にはあります。

ですが、この作品は地震で床が崩れ、一つ下の階に移動となっていたり。

(落とし穴と違って何故かノーダメージだったりします、なぜ?笑)

まだ長居することに対するペナルティが完全に決まっていなかったんでしょうか、

もしかしたら救済要素だったのかもしれませんが…

  

まとめ

今遊んでも面白い、シンプルかつストイックな不思議のダンジョン

シレン経験済でトルネコ未経験の方には、是非プレイしてみてほしい作品です、

シレンとはまた違ったダンジョンがお楽しみいただけます!

不思議のダンジョン初心者の方には、えーと…次作トルネコ2をおすすめします!

理由などはまた別の機会に!

 

そして、バーチャルコンソール化へ…(願望)